忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
「ツバキ文具店」小川糸(幻冬舎)

鎌倉だけを舞台にした静かな小説。これを読んで鎌倉に住みたいと憧れる人が増えるだろうなと思います。私もその端っこに住んでいますが、こちらはディープ鎌倉です。知っている場所やお店が時々出てくるのが楽しく、独特の雰囲気を持った魅力的な登場人物たちもこの街ならではの風情をよく表していました。この街ならこんな人たちがいて当然、というのが地元民的な認識でもあります。

大きな事件は起こらなくても、人の心の繊細な動きが描かれるので、とても面白く沁み透ってくる物語でした。長い年月をかけて作られ変化する人と人の関係、それはすべてが物語となる資質を持っているのだと、そこにちょっとした特別な感情が加われば、他人の心を動かすだけのドラマになるのだと。それは、作者の情景を書き表す筆致が見事だから、浮かび上がるものだと思います。小川糸さんの作品は初めて読んだのですが、巧いなあと感嘆しました。

人の代わりに手紙を書く代書屋を生業にする主人公、その手紙を再現して掲載されているという本の企画も素晴らしく、気持ちの温もりまでが伝わってくるようでした。手紙画像が掲載されるページの前でピッタリ本文の行数を整えているのが、なかなかすごいことです。手紙のマナーについて語られるノウハウも、意外に知らないことが多くてためになりました。

私も昔は手紙をよく書いていましたが、今はほとんど機会がなくなりました。それは一つの生活に密着した文化だったと思いますが、今の世で廃れることは仕方ないと思います。でも絶滅することはなく、本当に心を伝えたい大切なタイミングでは使っていきたい、そんな魅力を気付かせてくれる作品でありました。
PR
「羊と鋼の森」宮下奈都(文藝春秋)

今年の本屋大賞受賞作ということで知りましたが、期待以上に面白い作品でした。若い駆け出しのピアノ調律師がその仕事を通じて人と、音楽と、自分自信と向き合っていく姿が綴られていきます。山の中で育った地味で実直な主人公を、決して派手な事件や情熱的な恋などもなく静かに描いているのに、とても引き込まれてしまいました。
本屋大賞は、ときどきこうしたおとなしいけれど味わいある秀作を選んでくれるので、本屋さんもさすがにプロだなと思わされます。百田の本を選んでしまうという愚挙もありましたが…。

昔私の家でも何度か来てもらったことのある調律師さん、その繊細な技能への興味もあります。やさしさの感じられる文体もありましょう。双子の女子高生が魅力的というのはもちろん。でも、一筋に仕事に打ち込むことがそのまま、小説となっていることが素晴らしくて、成長していく彼の姿を作中の先輩たちと同じような視点で見守ってしまうのです。

読む前は不思議なタイトルと思いましたが、羊と鋼と森の象徴するいろいろが作品世界に奥深さをつくり出しているのだと感じます。きっと、私の心に残る1作となっていくことでしょう。そして、コンサートを聴きに行ったとき、休憩時間中にピアノを調整する調律師さんの姿に目が引きつけられるようになりました。最近、立て続けにピアノのコンサートに行っているから…めぐり合わせというものでしょうか。
アレクセイ・ヴォロディン ピアノ・リサイタル
(シリーズ<ピアニストとの出逢い>Ⅱ・横浜市栄区文化ホール リリス)

ロシア人ピアニスト4人が登場するリサイタルシリーズ<ピアニストとの出逢い>の2番手は、アレクセイ・ヴォロディン。会場は横浜市栄区文化ホール リリスです。
前回のラシュコフスキーも素晴らしかったですが、今回のヴォロディンはさらに出色の音楽を聴かせてくれました。力強く確実なタッチで繊細な表現、フォルテシモからピアニシモまですごく明瞭な音が印象的でした。
前半はシェイクスピアの戯曲にちなんだ情景的な楽曲を並べたプログラムで、映画でも見ているかのような情感豊かな演奏。プロコフィエフは悲恋に向かうそれぞれの物語場面を引き立てるロマンチックさ、メトネルの曲の力強さは圧巻でした。
後半はゲーテのファウストをモチーフにした曲ということで、1楽章の起伏に富んだ表現、2楽章の静かな表現、3楽章の終末に向かう激しくも抒情的な表現と、技巧的にも難しそうで35分ほどの長大な曲を飽きさせることなくぐいぐいと引き込んでくれました。
アンコールも3曲、ラフマニノフは力強く、プロコフィエフは難しい技術も巧みに軽々と、ショパンは泣きたくなるほどに切なく…それぞれの曲に新しい感動がある、満足感の大きな独演会でした。
終演後にはCDサイン会、前回の演奏者より長い列ができていたのも、今日の演奏が多くの人の心を捉えてということの表れでしょう。財布にお金がないのについ買ってしまいました。ネットでいつでも買えるでしょうが、せっかくだからサイン、欲しいですもの…。

【PROGRAM】
没後400年に寄せて“シェイクスピア・イン・ミュージック”
[前半]
●プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」からの10の小品Op.75
●メンデルスゾーン(ラフマニノフ編):「真夏の夜の夢」より スケルツォ
●メトネル:「4つのおとぎ話」Op.35より 第4番 嬰ハ短調 (※「リア王」による)
[後半]
●ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調 Op.28
【アンコール】
●ラフマニノフ:前奏曲Op31-32
●プロコフィエフ:10の小品Op12より第10曲スケルツォ
●ショパン:ノクターン嬰ハ短調 遺作


コンサートに先がけて、同施設内で開催中の「絵本で知る世界の国々 IFLAからのおくりもの」という展示を見ました。39の国や地域の図書館員がその国の代表的な絵本として選んだ325冊を、手に取って見ることができます。その国の言葉で書かれていますので詳しい内容はわかりませんが、ロシア・北欧や、中東の国の絵本き気に入ったものが多かった感じです。
会場の奥では読みきかせもやっていて、多くの親子が熱心に聞いていました。そんな光景も良いものです。楽しい1日でした。

第35回横浜市招待国際ピアノ演奏会【コンチェルト公演】

先日の横濱ジャズプロムナードでみなとみらいホールを訪れた際にチラシを手に入れて、これはぜひ聴きたいと思ったコンサートです。私は中学生時代にクラシックのレコード全集を聴いていた中で、ピアノ協奏曲という形式が一番好きだと気づいたのですが、これまで一度も生で聴いたことはありませんでした。それが一度に4曲も聴けるなんて…すごい贅沢、しかもチケット安いし。ソリストは4カ国の新進気鋭の演奏家、ロシア人も入っているし。
そして手に入れることのできた席は、中央の前から2列目、オーケストラを聴くにはあまり音響的によくありませんが、ピアノがすぐ目の前で会場に反響されない生音が飛んでくる位置、ピアニストの顔がすぐそこで表情どころか息遣いまで聞こえてくるという場所でした。オーケストラは第一バイオリンくらい、指揮者もピアノの陰で見えませんでしたが…今日は全曲ピアノが主役ですので。

プログラムは下記の通り。
●エフゲニ・ボジャノフ(ブルガリア)
 モーツァルト:ピアノ協奏曲 第17番 ト長調 K.453
●バラージュ・デメニー(ハンガリー)
 バルトーク:ピアノ協奏曲 第3番 Sz.119
  〈休憩〉
●小林海都(日本)
 ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
●ゲオルギー・チャイゼ(ロシア)
 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 op.23
◯指揮:高関健
◯オーケストラ:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

プログラムも多彩でした。ロマンチックなモーツァルト、きらびやかなバルトーク、色彩豊かなラヴェル、壮大なチャイコフスキー。どのピアニストも初めて聴くので他を聴かすに決めつけはできませんが、それぞれの演奏家に合った曲だったと思いました。意外と苦手なモーツァルトも、ボジャノフの演奏ですごく楽しめました。
コンテストではありませんが、若手のピアニストが4人、それぞれに意識するところはあると思います。みんな気合が入っていたと感じました。たぶん、オケとのリハーサルなどは足りないところもあったかと思います。チャイゼのラストの突っ走りにオケがやっと付いて行ったような感じもありましたが、それもライヴ感があって良かったです。

それにしてもここ2ヶ月で、ジャンルを超えてたくさんの人のピアノを聴いてきました。谷山浩子、新居昭乃、板橋文夫、ハクエイ・キム、田中信正、佐藤允彦、鬼武みゆき、若井優也、イリヤ・ラシュコフスキー、先週の発表会、そして今日の4人。本当に表現力が高くて演奏者の特徴が出る楽器だなと思います。この後もアレクセイ・ヴォロディン、セルゲイ・カスプロフ、ルーカス・ゲニューシャスと予定が続いていますので、楽しみです!

2016年〜2017年の秋・冬、本郷台のあーすぷらざ内・リリス(横浜市栄区民文化センター)で企画された、シリーズ<ピアニストとの出逢い>。ロシアの若手俊英ピアニスト4人が、次々にリサイタルしていくというものです。
ロシアの音楽・演奏家が好きなのでチケット発売日の朝に会場へ行って、全公演のチケットを席を選んで購入して楽しみにしていました。このホールのキャパは300席でリサイタルにちょうどよい大きさ、客席の傾斜が大きいのでどこからも見やすいのですが、4〜5列目の見やすく直接音の伝わりやすい良い席を取れました。
10/16のトップバッターはイリヤ・ラシュコフスキー。1984年生まれの32歳。写真を見るとイケメンなので、4公演で唯一、弾いている顔のよく見える右寄りの席にしました。プログラムは、以下のとおりです。

第1部
◎ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 Op.106 「ハンマークラヴィーア」
第2部
◎スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第7番 Op.64 「白ミサ」
◎ラヴェル:夜のガスパール
◎ボルコム:ピアノのための12の新しいエチュード より "愛の讃歌"
アンコール
◎ドビュッシー:月の光

若さあふれるパワフルできらびやかな演奏、落ち着いた曲調のところではじっくりと弾き込んでいく緻密さ。どれも聴くだけで難曲というのがわかりますが、これだけ弾けたらさぞ気持ち良いだろうと思います。
ベートーヴェンのソナタは45分もの大曲でしたが、そのメリハリの効いた演奏で飽きさせることなく…これぞロシアの演奏家です。スクリャービンは難解さもありますが、すごく面白く聴かせてくれました。ラヴェルはもともと色彩感豊かなので、ぴったり。ボルコムは初めて聴く作曲家でしたが、起伏の大きな聴き応えのある曲でした。アンコールは有名な曲ですが、ちょうど今日は満月、空を見上げるように弾くのがステキな姿。演奏に加えて容姿もよくて拍手に笑顔で応えるのが好感度高く、感動のステージでした。
終演後はスクリャービンのピアノソナタ全曲が入ったCDを買って、サインしてもらいました。スパシーバ、と言ったらニッコリと応えてくれて人柄も良さそうだなと…大満足です。
このシリーズはこれから、11月アレクセイ・ヴォロディン、12月セルゲイ・カスプロフ、2月ルーカス・ゲニューシャスと続きますので、ますます楽しみです。

コンサート前には本郷台駅前のカフェでゆったりとランチ、あーすぷらざ内で開催中の国際児童画展の回顧展を見て子供の絵の豊かな感性にふれ、世界遺産写真展で旅情を掻き立てられ、帰路は夕焼けが綺麗な頃。家から近い会場ならではの良い1日となりました。
次のページ >>
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
[07/13 Yka]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]