忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


夏休み期間中、バラエティ豊かな公演が比較的安価で聴ける「サマーミューザ」、この日はオーケストラ・アンサンブル・金沢による「パイプオルガンとオーケストラの饗宴」(2017.7.23 ミューザ川崎)、指揮は本オーケストラの音楽監督も務めているマエストロ、井上道義です。指揮者のおしゃべりが入ったり、自ら拍手して盛り上げるなど、井上さんならではの演出が楽しめました。

前半1曲目は、フランス人オルガニストティエリー・エスキシュさんの即興ソロ。井上さんから与えられたテーマはゴジラ、あのおなじみの旋律が随所に顔を出しながら、繊細に美しく大胆に迫力ある、パイプオルガンの魅力を存分に引き出す演奏でした。

2曲目はシューベルトの交響曲「未完成」。楽器編成の少ない地方オーケストラ、低音で始まるこの曲の聴き所を押さえて、真ん中にコントラバスとチェロ、左側にその他弦楽器、右側に管楽器を配しています。とにかく音色が美しいオーケストラだと思いました。その優美さは、まさに金沢のイメージにぴったりだと…まだ行ったことのない街ですが。オケの音が良ければ、あとは巨匠の指揮する名曲を深く味わうだけです。心に染み入る演奏でした。

3曲目の前に通常の配置へ戻すため、少し時間がありましたが、スタッフの鮮やかな手際も見所とする演出。
そしてサン・サーンスのチェロ協奏曲第1番、独奏のルドヴィート・カンタさんはスロバキア出身の同楽団主席チェリストで、堅実な演奏がこのオケのレベルの高さを知らしめてくれます。フランスらしい洗練された美しさの曲でした。アンコールに応えてバッハの無伴奏チェロ組曲第2番から、温かい印象の演奏で、心地よく前半は終了です。

後半はエスケシュさん作曲・自演のオルガン協奏曲第3番「時の4つの顔」。音楽の歴史をたどるように作曲したという大作です。全4楽章でバロック以前の雰囲気からロマン派、現代へと近づいていく曲調の変遷を、荘厳なパイプオルガンと、管弦楽のハーモニーと、3人の奏者による打楽器群を使ってダイナミックに描いた、素晴らしく聴き応えのある演奏でした。嘱託で書かれたという曲は、流麗だった前半とはまた別の、このオーケストラの魅力を引き出していたと思います。もちろん、指揮者の腕の見せ所ですが…井上さんはかっこよかった。

個人的には3日連続の(または8日で4回の)ライヴ・コンサート、身体は疲れましたが心が満たされた、真夏の音楽旅行となりました。

拍手[0回]

PR

『J.S.BACH祭り2017<夏>』Ensemble Cafe Dolce mit Luna 2017.7.22 エアジン
前衛ジャズもやる横浜エアジンで年2回のバッハ祭り、今回は4日にわたっていろんな音楽的アプローチがされたようですが、この夜は「サタデーナイトに古楽器アンサンブルと歌に萌える〜コラール et アベマリア」と銘打って、古楽器を使ってのバロック音楽を聴かせるという試みです。正月明けに林栄一さんとのデュオで聴いた奴田原さんのスピネット、お知り合いになってから再度聴く機会が訪れました。

バッハを聴く機会は割と多いのですが、小型チェンバロであるスピネット、斉藤禄美さんのリコーダー、岡崎佳奈さんの7弦チェロというようなヴィオラ・ダ・ガンバのアンサンブルで聴いて、バッハらしさというのが少しわかった気がしました。これらの楽器が、あまり抑揚がつかず音量も大きくないので、ピアノやパイプオルガンや現代の管弦楽器で聴くより、楽曲自体のメロディやリズムが際立っていたからでしょう。ボーカル以外、マイクを使わなかったのが正解です。すごく単調にも感じられるけれど、1音ごとに込められた作曲家の意図の深さが感じられてきました。バッハは自然現象なのです、と語ったソ連の女流ピアニストの言葉が思い出され、自然は宇宙とのつながりであり、それを知る人だったのかと思います(酒見賢一の孔明の本を読み終わったばかりでしたので)。

第1部は古楽器アンサンブル、第2部はLunaさんのボーカルを交えての演奏。特に歌が入ってからのマタイ受難曲からの2曲と3大アヴェ・マリアは、一人ひとりの演奏が引き立ちながら美しくハーモナイズされていて美しかったです。雑然としたエアジンの空間が神聖な場所に変わったような感じで、でもそれを聖堂で聴くよりもよほど味があって、素敵な満足感に包まれた一時でした。

ちなみに2日連続のライヴハウス、翌日はコンサートホール。夏の暑い時期、身体はばてそうでお財布は空になりますが、心は潤いで満たされて活気づく、勝手に夏休み気分が続きます。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]


「泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部」酒見賢一(文藝春秋)

酒見版三国志もついに最終刊です。600ページ超えといつにも増して分厚い本、持ち歩きは大変ですが読み応えがあって、長大な物語の締めくくりを楽しませてもらいました。前の刊で曹操、劉備、関羽、張飛と主要人物が死んでしまったので、ついに孔明の一人舞台、やっと軍師としての本領を発揮した活躍が描かれます。

とにかく強烈なキャラクター付けがされた孔明、最後まで変態性を保ったまま、しかしほかに有能な人材がいない国の事情から、政治も軍事も任されて真面目にやらざるを得ない状況となり、奇策の限りを尽くして頑張る姿がとても魅力的でした。南方遠征での孟獲とのエンドレスセブンな戦いはおかしくて印象に残るエピソードとなり、魏軍を火計で焼き殺すシーンは無慈悲な残虐さに戦慄し、主要キャラで唯一残っていた好漢・趙雲が死んだところでは涙し…そして孔明の死まで、濃いドラマがぎゅうぎゅうに詰まっています。

多くの文献をふまえて史実と虚構の解釈を加えながら、独自の孔明像を創り上げストーリーを展開していく酒見節は、三国志ビギナーにとっても非常に理解しやすく、二千年近く伝えら愛されてきた物語の魅力を存分に知らしめてくれました。酒見さんの作では、孔子の世を描いて森羅万象を明かしてくれるような「陋巷に在り」が私にとって生涯の傑作ですが、本作はエンターテイメントの味わい深さで別方向の傑作として心に残っていくことでしょう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]


2017.7.21 MANDALA-2
[近藤達郎(p,syn,vo)向島ゆりこ(vl)ナスノミツル(b)小林武文(ds,per)れいち(ds,vo)]

前の日曜日にれいち&清水一登のAREPOSライヴを聴いて、感想用紙にウニタ・ミニマのCDが出てるのを知って嬉しかったということを書いてお渡ししてきたところ、れいちさんご本人からメールをいただき、金曜日にウニタ・ミニマの曲を演るとのこと。何十年ぶりかの貴重な機会を逃したくないと、平日ながら仕事を定時に終えて吉祥寺のMANDA-LA2へと向かったのでした。

それほどにウニタ・ミニマは私にとって特別なユニットでした。れいちさんを知ったのは梅津和時さんと3人の女性ミュージシャンからなるDIVAというバンドの演奏をたまたまテレビで見て、独特のドラムが印象に残ったから。その後、梅津さんも参加したソ連のミュージシャン4人を迎えての歴史的コンサート「ひらかれた地平」を聴きに行ったときにもらったチラシの中に、たまたまウニタ・ミニマの告知が入っていたのだと記憶しています。ひとつひとつがたまたま重なっての、運命の出会いでした。
最初に聴いたのは新宿のシアターモリエール、早めに着いて2番目に並ぶと、先頭の女性が話しかけてきて、クリスマスにはれいちさんと旦那さんのライヴがあるんですよと教えてくれて…それがAREPOSだというのはしばらくしてから知ったこと。この時のライヴ、2人の奏でるのは聴いたことのないようなメロディとリズムと実験性のある音楽でかなり衝撃的でした。ウニタ・ミニマはもう一度聴きに行きましたが、それきり活動休止になったのだと思います。
それからはれいちさんが参加されているCDを手に入れては、そのメンバーの人たちを知り、聴く音楽がどんどん広がっていったのでした。

思い出が長くなりました。たぶん、MANDA-LA2に来たのが15年ぶりくらい。もう一つ脱線すると、私が書いている小説の舞台であるライヴハウスのモデル(8割くらい)なので、久しぶりにこの空間を確かめたかったということもありました。変わってなかったし、お客さんもよく入っていて賑やかでした。
さて、近藤達郎のアニバーサリーとは、還暦記念でした。第1部は近藤さんのソロでシンセ演奏。幻想的で深みのある音楽をじっくり聴かせてくれました。シンセとピアノを同時に弾いて音を創っていくところなど、自分のやる多楽器即興の参考になります。
第2部はカルテット。向島ゆりこさんのバイオリンは元から大好きだし、ベースもドラムも世界観を支えていてステキな演奏でした。近藤さんのメロディは、とてもドラマチックなのだと認識。曲のタイトルを付けるのは苦手とのことでしたが、聴いていて浮かんだストーリーから勝手に題名を付けてみるのも面白そうです。劇伴の曲もいくつか演りましたが、映画「クヒオ大佐」も近藤さんだったのかと、私の先輩が脚本を書いていたもので縁を感じました。

第3部で、れいちさんと2人のウニタ・ミニマ。なんと28年ぶりということです。あの頃は私も若かったですが、同い歳のれいちさんもそれほどに若かったということですね。今も小柄でスリムで可愛らしい方ですが。2人ともヘッドマイクを付けて、ドラムを叩きピアノを弾きながら歌います。懐かしい曲の数々…しかし今聴いても新しさを感じます。
さて、れいちさんのドラムはほかのドラマーとはまったく違うと感じるのですが、これまでは、切れではなくて粘るようなドラミングと表現していました。今日聴いていて、リズムを刻むのではなく、リズムを描いているようだと思いました。白い紙の上に筆で絵の具を置いていくような…。それが透明な歌声と合わさると、ものすごく心地よいものになります。
難度が高いのに素晴らしい演奏で客席は盛り上がり、ミスしてやり直しもあったり(昔もありましたのでそれも懐かしい)してなお盛り上がり、じっくり聴きごたえのある7曲。そしてアンコールにフルメンバーで「微笑む」を演奏、大好きだけれど2人だとドライな曲が、さらに美しくドラマチックに変わって、大きな感動を味わいました。
再度のアンコールに近藤さんのソロピアノで応えてくれて、胸いっぱいなライヴは幸せな気分でフィニッシュ。

たまたま日曜日にAREPOSを聴きに行ったことから、5日後この場に来ることができて、この思い出がきっとこれからの人生の糧になるのです。好きなことはたくさんある方が人生楽しくなると、大きなことを思ったりした一夜でした。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]


2017年7月16日、2年前の夏に十数年ぶりに聴いて以来となるアレポスのライヴ、特別な思い入れのあるユニットなのでもっと足繁く通いたいものですが、また間が空いてしまいました。場所は初めて訪れた渋谷の公園通りクラシックス、昔アングラ系の催しを良くやっていて興味はあれど行くことなかったジァン・ジァンがあった所だということです。

この夜も演奏は素晴らしいの一言。れいちさんの澄み切ったハイトーンのボーカルと、清水一登さんの難曲を骨太な音で自由に弾きこなすピアノ。同じ曲でも、聴く度に違うアドリブでいつも新鮮で、何十年も衰えることなく進化しています。その、ほかにない独自の音楽は心地よく全身に響きわたる…2人の音楽家、そしてご夫婦の魂の響き合いです。

こんな極上の音楽なのに、観客が私たちを入れて5人だけ…なんともったいないことと思わずにいられません。昔は吉祥寺や南青山のライヴハウスがいっぱいになっていたのに。時代に合わないということはないと思います、5人のうちの2人は若い感じの人でした。たまにしか行けない私としては、とにかく聴いたことを言葉にして発信しておくことしかできませんが、本当にサイコーなんです。
終演後に感想用紙に書いていたところ話しかけていただいて、幸せな気持ちで帰路に付きました。

AREPOSのライヴを聴きに行く前に、せっかく渋谷まで出るのだからとなにか面白そうなことはないかと探して、松濤美術館でやっている「クェイ兄弟 ファントム・ミュージアム」に。若い頃のグロテクスさが強い絵画から、作り込まれたミニチュアセットを背景にした人形アニメ映画とそのオブジェ展示…まったく知らないアーティストでしたが、とても幻想的で刺激的な世界でした。アメリカ生まれの双子の作家ということですが、雰囲気は東欧やロシア的なのがモロに好みです。会期も残り少ないということで、一部作品の撮影OKとなっていて嬉しかった…写真に残すと心にも残りますから良いことだと思います。

そのあとは近くの鍋島松濤公園に寄って都心とは思えない池畔の風景に潤い、高級住宅地を歩いて渋谷の繁華街に出て、もやし料理の店で満腹になってからライヴに向かったのでした。3連休の1日、夏休み気分を味わうことができました。



※ブログ記事を振り返ったら、2年前のライヴの感想をアップし忘れていたことに気づきました。今更ですが、下にアップしておきます。感じたことはほぼ同じですが…それだけ安定して大好きな音楽ということですね。

★AREPOSライヴ(2015年8月8日 東京倶楽部本郷店)

十数年ぶりに、れいち&清水一登のユニット「アレポス」のライヴに行きました。以前はよく吉祥寺や南青山のマンダラまで聴きに行ってたものですが…すぐにお盆休みも控えた土曜日ということで、初めてとなる東京倶楽部へ行ってきました。東京の連続猛暑日も途切れた日で良かった。
私がれいちさんを知ったのは、梅津和時氏が女性ミュージシャン3人と組んだ「DIVA」というユニットの演奏をテレビで偶然に見た時。そのドラムがよほど印象的だったのでしょう。その後、れいち&近藤達男のユニット「ウニタミニマ」のライヴに何度か行き、ドラムを叩きながらの歌にシビれ、ウニタ休止後はアレポスで歌う声に心酔してしまいました。同じピアノとの二人組でも音楽的にウニタは無機的、アレポは有機的な感じで、それぞれに魅力の方向性が違うのが良かったです。

そんな個人史はともかく、久々のAREPOS。
こじんまりと落ち着いたライヴハウスの空間に、観客は7人(終わり近くにもう2人)。以前は3倍くらい広くて客も多いところばかりで聴いていたので、少し心配に。しかしアレポス2人のテンションはとても高くて、逆に贅沢な気分を味わえました。
れいちさんは昔と変わらぬ、いやむしろ安定した美しいハイトーンの歌声。高音だけれどキンキンしない天使の歌声です。清水さんが弾きまくるピアノは昔よりも自由で力強く。こんなにピアノの音を大きく感じたのは初めてかもしれません。
楽曲もお馴染みの、そして最近のオリジナルだけでなく、スタンダード(と言っても私は知らないような)も入れながら、ものすごく高度な音楽が次々と奏でられて、聴くことに酔いしれる至福。ジャズでもポップスでもなく、クラシックを聴くに近い快感がアレポスなのです。
一部のCDショップ以外ではAmazonでも扱っていないニューアルバムも買えましたし、人が少ないおかげでれいちさんとも初めて少しお話しできましたし、とてもシアワセな一夜でありました。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

次のページ &gt;&gt;
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]