忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173

2018年11月11日、地元の鎌倉芸術館で地元の半世紀の歴史を持つアマチュア・オーケストラ、鎌倉交響楽団のコンサートに行って来ました。地元ですが聴くのは初めて、どのくらいのレベルなのだろうという興味もありましたが、最近の日本人はプロでなくても演奏力が高いので楽しみ。

本演奏前にプレコンサートがあり、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ第一楽章を演奏。美しいハーモニーで期待が高まりました。
指揮者が出てくる前に、オープニングとして鎌倉市歌の演奏。鎌倉市に住んでもうすぐ20年になりますが、初めて聴いた市歌がフルオーケストラで、いきなり感動的でした。

前半1曲目のボロディン「イーゴリ公」序曲はロシアテイストがふんだんの派手な音楽で、聴いていて楽しいもの。
つ空いてラフマニノフのピアノコンチェルト2番は、華麗なピアノだけれどちょっと迫力不足で、オケの音圧に負けてしまっていた感。リハが足りなかったでしょうか。ときおり打楽器や金管楽器の音が変に目立って、だんだんバラバラ感が出てしまって、よく知った曲なので自分の中のイメージができているせいもあるのか、少し残念でした。

休憩後のラフマニノフ交響曲2番は、ロシアらしいスケールの大きな曲で、このオーケストラの持ち味が発揮された演奏だったと思います。ピアノコンチェルトでは出すぎた感じだった各楽器の音が、こちらではアクセントになって全体の音楽を盛り上げていたのが面白いところ。オーケストラって、難しいものだと、でもそこが面白いと思いました。

アンコールにはラフマニノフのヴォカリーズ、抑えながら情感たっぷりの演奏、素敵なエンディングでした。
少し難はあってもたった1000円の入場料金で、大好きなロシアの作曲家オンリープログラム、とても楽しませてもらったコンサートでした。

■PROGRAM■
鎌倉交響楽団 第112回定期演奏会
指揮:清水史広 ピアノ:田代純子
□プレコンサート
チャイコフスキー「弦楽セレナーデ 第1楽章」
□第1部
ボロディン「イーゴリ公序曲」
ラフマニノフ「ピアノコンチェルト第2番」
□第1部
ラフマニノフ「交響曲第2番」
□アンコール
ラフマニノフ「ヴォカリーズ」

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]