忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136

谷山浩子コンサート〜デビュー45周年大収穫祭〜(於:2017年4月29日 東京国際フォーラム ホールC)を聴いてきました。
40周年記念コンサートを同じ会場で聴いてから、もう5年も経ったのかという感じですが、その間にも毎年なにかしらのコンサートに行っているせいかもしれません。歳をとって、時の経つのが早く感じられるようになったとは思いたくないですね。

今回の記念コンサートは、音楽的に実に贅沢な趣向でした。第1部、オープニングは意表を突いた感じですが、その後4曲はソロでわりと代表的な歌を。次に栗 コーダーカルテットとともに、軽快な感じの曲を。第2部はギターの岡崎倫典とシンセの石井AQとともに、森の深みにはまっていくような重暗い曲集、そして 斉藤ネコカルテットとともに重厚・華麗な感じの曲。最後は全員登場でアンサンブルの醍醐味を…。
アンコールではコーラスも加わって賑やかに、2度めのアンコールはソロで静かに。いつもよりもおしゃべりが少なく、いろんなタイプの歌をふさわしい編成とアレンジで、じっくりと聴かせてくれました。
栗カルとネコカルが競演するなど、45年も独自路線で活躍してきた谷山さんならではのステージです。多彩な世界観を表現する歌の力は衰えることなく、客席を 見るとけっこう若い人たちも混じってきているようで、ヒット曲はなくても伝わって拡がっているんだろうなと思いました。


開場前からグッズ 販売をしていたので、早めに行って出たばかりのシングルアルバムと、記念マグカップを購入しました。CDにはミニサイン色紙とファイルのおまけ付き。ふつ うのアーティストだと、シングル版を集めたのがベストアルバムになるのが、谷山さんはかえってマイナー曲のアルバムになるというようなことをご自身で言わ れてましたが、アルバムごとに世界観を構築してきた音楽家ならでは。
それはコンサートのプログラム構成にも表れていて、特に大きな記念公演は想いがあふれていると思います。長年のファンにとって、そして初めての人にとっても、実に聴き応えのある3時間近い幸せな時間でした。

【PROGRAM】

■第1部
<谷山浩子ソロ>
1「偉大なる作曲家」
2「窓」
3「カントリーガール」
4「銀河通信」
5「風になれ 〜みどりのために〜」
<栗コーダーカルテット>
6「そっくりハウス」
7「恋するニワトリ」
8「意味なしアリス」
9「ピヨの恩返し」
<栗コーダー&石井AQ アコーディオン>
10「猫のみた夢」

■第2部
<岡崎倫典&石井AQ>
11「まっくら森の歌」
12「森へおいで」
13「Elfin」
14「王国」
15「真夜中の太陽」
<斎藤ネコカルテット>
16「骨の駅」
17「満月ポトフー」
18「きみの時計がここにあるよ」
19「SAKANA-GIRL」
<全員>
20「向こう側の王国」
21「キャンディーヌ」
22「海の時間」

■アンコール1
<コーラス・乗客の皆さん>
23「終電座」

■アンコール2
<谷山浩子ソロ>
24「おやすみ」

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
40周辺記念の時の(35周年記念も掲載)の感想ブログはこちら。
同じこと書いていましたw
http://tubam.kamakurablog.com/Entry/50/

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]