忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140

ホームコンサート「音とことなのひととき」奴田原さんのピアノのお部屋・2017年5月20日

個人宅のピアノ教室をステージにしてのホームコンサート第1回、ライアーという竪琴を弾く小野純子さんを中心に、リコーダーの斉藤禄美さん、声楽の西田典子さんも交えた演奏会でした。
ライアーは初めて聴きましたが、美しい音色で響きの良い楽器。大きな音ではないのに、ソロでのメロディも、アンサンブルの伴奏でも、空間を心地良さで満たします。クリムトの絵が挿入された長田弘の詩集に曲を付けた「花を持って、会いにゆく」は、朗読と絵と音が共鳴して死と生の狭間にある世界観をすばらしく描き出していました。

リコーダーとのデュオでは、よく知る笛の音がライアーの響きと合わさって、深味が増したように聴こえます。歌とのデュオでは、声の力が強いので伴奏になったときの優しさが包み込んでくれる感じでした。
その場の雰囲気を感じながらということで、プログラム順を決めずに始めた演奏会は、レッスン室仕様で二重窓になっているとはいえ、横浜らしい緑深い丘陵の住宅地、外からウグイスなど鳥の声が入ってきてこの音楽にふさわしい演出となり、幸せな気持ちに浸ったところで終了しましたが…。



続けて天気も良い五月の午後、木陰の庭にいすを並べて奏者と聴者ノーサイドでのお茶会となりました。手作りのパンやローズジャムや料理などをいただきながら、ライアーのこと、音楽のことなど話に花が咲いて盛り上がってきたところ、ここで聴きたいとなるのは必然だったでしょう。
木漏れ日とそよ風の中、庭に持ち出された楽器、その音色は壁に遮られることなく自然にとけ込んでいきます。鳥たちは音楽に応えて鳴き交わします。ライアーにあわせてみんなで歌い、笛の音も重なり、そんな時間が夕刻まで続いたのでした。

ご自宅で主催された奴田原優子さんとの出会いは、今年1月のエアジンでスピネットの演奏を聴いたことからでしたが、Facebook友達させていただいて半年。行くときに道に迷い、途中まで迎えに来ていただいてしまうという失態もおかしましたが、そんなことすらも思い出として残したくなる、すてきな時を過ごさせていただき、また新たなお誘いもいただき感謝です。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]