忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153

「花のお江戸で粗茶一服」松村栄子(ポプラ社)

大好きだった小説「雨にも負けず粗茶一服」「風にも負けず粗茶一服」の続巻、書かれているなんて思ってもみませんでした。それほど面白く満足感のある作品だったからです。誰かに薦めたい小説を挙げるなら、筆頭にくる作品でありましたが、この「花のお江戸」も含めた粗茶シリーズとして、さらに満足度が高まりました。
前2巻は京都を舞台に、茶・剣・弓の三道の家元嫡男として生まれ育った少年主人公が自分を見つけようとする話でしたが、この巻では東京に戻った彼が次第にひとかどの青年として成っていく姿が、駆け足で過ぎていく月日の中でじっくり描かれました。

とにかく、最高に面白かった、というストレートな感想。前の話をずいぶん忘れてしまっていたので、続けて読んでいればもっと楽しめたのでしょうが、それでも主人公の屈折した性格だけど愛すべき人物の印象はぶれることなく、京都での体験や人間関係が土台になって自分自身と向き合えるようになっていく姿が清々しいのでした。

老若たくさんの個性的な人物たちが絡み合って物語が進んでいくのもワクワクします。普通の人の中にもある個性が強くにじみ出てくるのも、茶の力かもしれません。女性たちはちょっと怖いけれどかわいいし、男たちはちょっとバカだけど一本気だし、そんな人と人がしっかり対峙しあうから、魅力が際だってくるのです。

それもこれも、この作品の面白さの根底には、茶道の世界に触れられることがあります。お茶の稽古に通っていた母にも「雨にも負けず〜」を貸して読んでもらったことがあり、とても気に入ってくれましたが、伝統とか形式を超えた、茶をたしなむ心の本質に惹かれるのでしょう。その母が亡くなってから何年もお抹茶を飲んでないことに寂しさを感じ、せっかく家に道具があるのだから自由な気持ちで茶を点てていたいなと思わされたのでした。

シリーズ3冊とも、ラストに感動しながら笑わされるオチが付いているのも、読後感がさわやかで印象深く心に残るところです。電車の中で読む私にとっては、にやつきが止まらなくなる危険な本でもあるのでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]