忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99
「谷山浩子・猫森集会2015」(2015年9月20日、新宿スペースゼロ)

久しぶりで谷山浩子猫森集会コンサートに行ってきました。毎年4つのプログムごとにゲストを変えて連日開催されるのですが、青山円形劇場でやっていた頃は2つか3つのプログラムを聴きに行ったものです。スペースゼロになってからは、足が遠のくようになっていました。
今回聴いたAプログラムのゲストは太田裕美、「16歳と17歳だったよね。」というテーマになっていました。今から40年ほども前、二人のデビュー当時にNHKの番組、ステージ101のオーディションで出会った時の年齢ということです。
正直、太田裕美の歌といえば「木綿のハンカチーフ」くらいしか思い浮かばなかったのですが、今回のコンサートでやった彼女の持ち歌は知っているものばかりでした。リアルタイム世代ですので、彼女の歌とは知らずとも意外とどこかで聴いて記憶されているものです。
さて、前半はいつも通りの谷山さんとシンセの石井AQ氏二人での演奏。いつもの安定した世界観です。最後に太田裕美の「しあわせ未満」を谷山さんが歌った後、いよいよ太田さんの登場です。「木綿のハンカチーフ」を熱唱、さすがにアイドル全盛時代の歌手だけあって、歌だけでなくステージパフォーマンスも華やかでした。あらためて生で聴くと、本当にドラマチックな名曲だと思います。歌はうまいし、声に張りもあってまだ現役バリバリということもわかりました。
その後は太田さんの選んだ谷山さんの歌を独唱したり、谷山さんとデュエットしたり、太田さんの歌をデュエットしたり、「まもるくん」では太田流変な振り付けを客席も一緒にやって妙な光景が生まれたりとプログラムは進み、アンコールではお二人に共通した思春期時代のアイドル、タイガースの歌を2曲続けて締めとなりました。
聴いていて思ったのは、お互いの歌をソロで歌うのは少し違和感がありつつ、谷山さんの歌が陰なら太田さんは陽、谷山さんの声がWetなら太田さんはDryと正反対な二人が、デュエットやバックコーラスで声が合わさると絶妙の味わいが生まれる不思議さ。
40年間、歌手を続けてきた同世代の女性アーティストの個性と生き方がシンクロし、ハーモニーした奇跡の瞬間だったのかもしれません。絶好調でしゃべる楽しいトークからも、二人が友情の中でも意識し合ってきたことが感じられました。たいていは谷山ワールドにゲストが溶け込む感じになりますが、太田裕美は対等の自己主張していたところにも、二人の関係性が出ているようで面白かったです。
客席の年齢もいつも以上に高めな感じでしたが、自らの青春時代から現在までの生き方を振り返らせて肯定してくれるような、優しく幸せなエネルギーが満ちていたコンサートでした。

【プログラム】
お早うございますの帽子屋さん
そっくりハウス
パラソル天動説
きみが壊れた
SORAMIMI
しあわせ未満
木綿のハンカチーフ
森へおいで
テルーの唄
世界
九月の雨
さらばシベリア鉄道
まもるくん
河のほとりに
花園の子守歌
月と恋人
落ち葉の物語〜銀河のロマンス

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]