忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
「静おばあちゃんにおまかせ」中山七里(文藝春秋)を読了。25227772_1.jpg

作者の小説はこれが3作目、音楽もの「ドビュッシー」「ラフマニノフ」以外では初めて読む作品となりました。基本、ミステリーだから読むという嗜好がないので、音楽がらみの事件とか、本作のように女子大生とそのおばあちゃんが事件を解くとか、そうしたドラマ的に惹かれる部分がないと手に取らないわけですが、期待通りにヒロインが魅力的だったので、楽しんで読むことができました。
そんなミステリー素人の私でも、最後の事件の謎は読めてしまいましたが…そうしたことはあまり関係なく、ヒロインとともに主人公の青年刑事も意外に好感のもてる人間だったので、4つの難事件を解決していきながら二人の関係の深まりを中心とした物語として、最後までしっかりと構成されていたと思います。
法曹の世界に対する作者の考えから、親族間の問題、宗教問題、外国人問題、国政問題、そして冤罪の問題と、実はやば目の題材を取り上げながら社会的な正義感がよく出ていて、説教臭い感はありますがその説教をおばあちゃんにさせるということで納得させられます。そこも作者の話作りの上手なところでしょう。そして最後、おばあちゃんの意外な正体へとつながっていきます。

ヒロイン・円が魅力的だったと書きましたが、美人だけれども実際のところは、若い娘特有の浅はかなさやだらしないところもあるし、お嬢様なようでも好奇心旺盛で行動力もある、少しキャラクターとしてはちぐはぐさが感じられました。自分だったら惚れるかなというと微妙な、でも主人公の刑事とのカップリングは確かに絶妙な感じ。二人一組で、好感度の高いキャラクターになっていたと思います。
おばあちゃん・静のキャラクターは、意外なほどにかわいげなくて驚きましたが、元裁判官の厳格さと、孫への愛情と憐憫、そして実の正体を知れば、そういうことかと。物語のラストを強く印象づけてくれる存在でした。
これはミステリー作品なので、話に関係のないシーンはあまり描かれていないのですが、もう少し円と学校の友達の会話とか、人物像をふくらませるところがあったら、もっと面白かった気もします。本作はシリーズで続くことはないのでしょうが、どこかでまた、この二人を見てみたいものです。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]