忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
「幽霊さん」司修(ぷねうま舎)


読んでから半年以上経っての感想となってしまいました。
画家であり小説家であり、よく知られているのは絵本や装幀でしょうが、その司修の作品と出会ったのは、もう40年も前のこと。詩とメルヘンに掲載されていた絵物語に衝撃を受けたからでした。まだ子どもでしたが、妹と一緒に母に連れて行ってもらって個展を見た記憶は今も鮮明です。
司氏の小説を読むようになったのは大人になってからですが、貧乏画家の私小説風な物語に、自分とは違う世界を感じて惹かれ、多くの作品を読んできました。

本書は、東日本大震災と原発事故を背景に、死者との対話が描かれる話を表題作とした短編集です。そのほかの作品も、私小説のようで幻想小説的なところがある、重苦しいですが乾いた感じのある雰囲気が不思議な味わいでした。帯に「怖い話」とコピーが記されていましたが、幽霊は出てきても怪談の類ではありませんので。怖いのは地震や原発という現実です。

「幽霊さん」は、震災後の東北を訪れた画家の話ですが、この世とあの世の境界のような場所で、自然と死者に向き合い語り合う描写が、かえって鮮烈でした。芸術家の感性でとらえる体制への批判的な視線も、ストレートに刺さってきます。それは理屈ではなく怒りや悲しみですから。
強く印象に残ったのは、画家宅に押し掛けてきてわけのわからないことをしゃべりまくる女の話。いかにも精神を病んでいる人なのですが、その話自体が眠りの中で見た悪夢をそのまま綴った、作者の精神の不安定さを表すような作品になっていたのが不快で面白く思いました。

司修さんも、数年前に横浜や群馬での回顧展が開かれましたが、まだまだ若々しく精力的に執筆や画業をされていますので、楽しみに次作をお待ちしたいです。できれば肉筆画の1枚も手に入れたいと思うのですが…貧乏人の過ぎた夢でしょうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]