忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
「RDG6-レッドデータガール--星降る夜に願うこと」荻原規子
(カドカワ銀のさじシリーズ)

一人の少女の2年間の成長を描くには長かった物語も、いよいよ最終巻となりました。前の巻で大体の決着を見ていたので、本巻でも事件はありますが心の動きが中心となり、主人公・泉水子の成長ぶりがしっかり描かれていました。深雪もしかり。いろいろと謎だった背景も明かされて、十分な終章だったと思いました。

陰陽師サイドの不気味だった敵側人物たちも、人間らしい部分が描かれれば魅力的で、みんな仲良くの展開がほっとします。なんだかんだで、高柳が一番おもしろいキャラだったような。
実のところ、泉水子はちょっと愛しきれないヒロインでした。古風なようでいて、やけに浮ついているところがバランス悪く感じられたせいでしょう。それが珍しく、貴重な作品になっていたとも言えます。ルームメイトの真響も自己中すぎてイマイチ、そうなってくると、やはり真ヒロインは姫神だったということで、終盤の出番のなさが物足りなく感じられます。RDGはこれで終わりですので、姫神の物語が読みたいと思ったり。

本作はなにより、日本の歴史・風俗・宗教観といったことが、保守的にならず描かれたのが興味深いところでした。たぶん作者の中ではもっともっと世界が広がっているのでしょうが、作品としてはその一部が出たにすぎないように感じられます。結局、人間の世界遺産とはなにか、もう少し踏み込んで表現してもらいたかったかも。
どうも、この作品は毎々楽しみに読んだ割には、感想を書き難いのが、自分でも不思議です。

さて、読む前に驚いたのが帯にあったテレビアニメ化の告知。悪い予感は、作者の「西の善き魔女」アニメ化がちょっと…だったからですが、今回はスタッフも良さそうで期待です。
昔だったら、好きなマンガや小説のアニメ化はイメージとの乖離が大きくて歓迎しなかったのですが…今のアニメは声優さんが上手いし、演出や構成は凝っているし、作画も大きく崩れることなく、原作の魅力が出せるのかは難易度高そうな気はしますが、こちらはこちらで楽しめる作品になれば良いと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]