忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
「聴いたら危険!ジャズ入門」田中啓文(アスキー新書)

ジャズ入門書も数多ありますが、お勧めできる本だと思います。以前に読んで感想を書いたマイルス至上主義の中山康樹氏「超ジャズ入門」とは180度違うのは、きっと筆者も頭においていたのではないでしょうか。フリージャズを楽しく聴こう!というコンセプトでのミュージシャン紹介本です。
また、副島輝人氏の「日本フリージャズ史」や「世界フリージャズ記」が現場に近い評論家が書いた貴重な記録書であったのに対して、こちらは作家がファンとしての視点から熱く想いを綴ったものであるので、入門書と専門書といった位置づけになるかと思います。少し嗜好性が違うところも、このジャンルの幅の広さで面白いところでした。

本書に登場するミュージシャンの4分の1は私も生で聴いたことがあり、最初に取り上げられたペーター・ブロッツマンもその一人ですが、いきなりブロッツマンで来たかと、気合いのほどが感じられました。あの破壊的に吹きまくるサックスは特に危険度が高いですから、本書のタイトルにピッタリです。他に取り上げている人たちも、王道あり、意外性ありで、筆者の趣味全開なところが小気味よく感じられました。
1人1枚ずつ、筆者お勧めアルバムが紹介されていますが、フリージャズはライヴに行くのが1番です、ライヴハウスなんてCD1〜2枚程度の料金ですので。すでに亡くなっていたり活動休止の人、来日を待てない人もいますが、今は動画サイトにたくさん映像もあるので、それを見漁るのも良し。気に入ったらCD購入、というのが良いかと思います。

フリーに限らず、ジャズは理屈でなくまず耳で聴き、できれば目で見て感じることが大切と、基本的な楽しみ方が書かれた、初心者からディープなファンまで面白く読める、ステキな本でありました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]