忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72
「第二音楽室」佐藤多佳子(文春文庫)

学校を舞台に、音楽する少女を描いた短編集。鼓笛隊でピアニカを吹く小学生、音楽の授業でデュエットを歌う中学生、リコーダーカルテッドの中学生、軽音部でバンドをやる高校生。それぞれの年代の子どもたちの心情が、音楽という行為を通すことで際だっています。音を楽しみながら他人と接することで感じる、痛さ、甘さ、苦しさ、悲しさ…それを糧に確実に成長する年頃。実に清々しいと思うのは大人だからですが、切ない懐かしさを覚えます。

いずれも珠玉の4編の中でも印象深いのは、ラストの「裸樹」。一度傷ついた心が音楽をより所として自然に僅かずつ癒されていく姿、軽音部のバンドを中心に展開するドラマの中で主人公の痛みや不安が伝わってきたので、最後は感動的でした。
音楽を感じると言うことでは、「FOUR」が良かった。リコーダーの音が聴こえてくるような。他人とアンサンブルするというのは、音楽ならではのおもしろさだと思います。そこにまだ幼い恋心が絡んで、楽しい話になっておりました。

佐藤多佳子作品は、出るたびに読むというほどではなく、時々の出会いのように何冊か(それでも半数近いようです)読んできたのですが、いつも鮮烈な印象を与えてくれます。最初に刊行された「サマータイム」も音楽する少女の物語だったと思いますが、子どもが決して天真爛漫ではなく、悩み傷つく人間であると描くのが、二四年組からの少女漫画を読みあさっていたということもあるのか、とても共感できるのでした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]