忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
谷山浩子ソロコンサート、江東区文化センターにて。
12月18日、2011年に聴く最後のコンサートとなります。
今年の谷山浩子は、3月のジョイントコンサート(相曽晴日、岩尾潤子、伊藤サチコとの「のほほん☆若草ひなまつり」)に続いて2回となりました。昔は年に4回とか聴いていたこともありましたが、近年にしては多い方。しかし、途中に大震災などもあったためか、今年のこととは思えなくなっていますが・・。

何十回もライヴで聴いてきた浩子さんですが、ソロでのピアノ弾き語りははじめてです。シンセやアコースティック楽器、コーラスなどによる音の演出がない、生々しいまでにアーティスト自身の姿がさらけ出されるステージで、しかしいつも通りの気さくさを見せてくれるのは、来年デビュー40周年を迎えるという経験からでしょうか。
この日の浩子さんは、あまり調子がよろしくなく、最初の曲を含め3曲ほど途中で声が出なくなったところもあり、ちょっと聴く方も不安を感じながらでしたが、一時的に痰がからんだということでしたので、ほかの曲は澄んだ歌声を聴かせてくれました。

途中、会場のある江東区内の演劇サークルと絵画サークルとコラボしての朗読劇&スライド上映という企画もあり、普段とは違うおもしろさも。マルチタレント谷山浩子の、プロデューサーの才が発揮された感じです。
とにかく今年は大震災や原発問題もあり、私自身も仕事に忙殺された時期もあり(今もですが)、心身ともに疲弊していますが、そんなことをすべて忘れさせてくれる一時を過ごさせてもらうことができました。

それは比類なき谷山浩子のやさしく包み込むような歌声であり、独自の世界観を表した詞と曲であり、ラジオで磨かれたトークが生み出すもの。この人を中心とした空間をともに共有できることの歓び、幸せなのです。
ジャズなど他のジャンルでも、大好きでリスペクトするミュージシャンは何人もいますが、やはり私にとって谷山浩子は、ただのミュージシャンではない特別な人であり、かけがえのない存在なのだと再認識したのでした。

ちなみに、はじめて行きました江東区文化センターは、けっこう古いホールみたいですが中規模の、赤い座席がなかなかに座りやすいホールでした。生のピアノと歌だけで、スピーカーからガンガン音を出すというものではないので、クラシックのリサイタルのような雰囲気で良かったです。


なにか役立った方はclick願
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]