忍者ブログ
つばめろま〜なから、なにかを知りたい貴方へ。
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
「きみを守るためにぼくは夢をみる(4)」白倉由美(星海社文庫)を読んでの感想。kimimamo4_.jpg

シリーズ4巻めにして、はじめて新ヒロインが登場せず、前巻で登場した幼い少女がその座を奪い取っていきました。と、そんなふうに語れる話なら気楽なのですが…。
これまでも白倉由美の作品は文章が美しいと思っていましたが、この巻ではさらに強く感じました。空音も砂緒も存在感自体がファンタジックな状態だったからでしょうか。この二人の、特に空音の言葉がせりふと言うより詩でしかないので、甘くも優しくもない、悲しく痛い美しさを湛えたのでしょう。その文章あってこそ成立するストーリーだと思わされます。その詩は、死に近いものでした。

それにしても、主人公の朔は。性格が悪いわけではないのに、頭も悪いわけではないのに、他人を思いやることができていない。言葉に縛られすぎて、相手も自分も見失う。これまでもそうだったけれど、この巻でついに大きな不幸を呼んでしまいました。砂緒も空音も雨花も切実な想いを抱いて彼を求めていたのに…。君を守るといいながら、まったくできない未熟な高校生男子の朔、どうもその心が伝わってこないのがこの作品の歯がゆいところです。そしてまた、大きな過ちを冒してしまったようです。

この巻から表紙・挿画がポーランド人のアニメクリエーターに変わりました。風景はこれまでの新海誠の絵と違和感なく描かれていましたが、空音や砂緒の姿は私のイメージと違いすぎていたような。空音の可憐さの中に致死毒をもっているような印象が強くて、頭の中で育ってしまったのでしょうか。いろいろと外国人と日本人の違いがあるような気もします。少女幻想の日本独特の発達など…。

物語はまだ続きます、この先どんな展開になるかまったく予想できないので、ただ楽しみに(不安も含みながら)待ちたいと思います。きっと、朔の贖罪がはじまる…世界がどんなに残酷でも、そこに至高の美しさがあれば。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/25 本が好き!運営担当]
[03/27 うらたじゅん]
[10/28 のりこ]
[08/04 つばめろま〜な]
[07/23 通りすがりの仮面ライd]
最新TB
プロフィール
HN:
つばめろま〜な
性別:
男性
趣味:
絵・音・文・歩
自己紹介:
長年、同人誌で創作漫画を発表してきましたが、本当は小説が主な表現手段。職業はコピーライターで、趣味は楽器を鳴らすことなど。よろしくお願いします!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]